インディバとは
インディバ
インディバとは

インディバとは、もともとスペインでガン治療のために開発された医療用具で、高周波によって体の中に熱が発生する高周波温熱機器です。温泉・サウナ・岩盤浴などの熱源が体の外にある「温熱療法」と違い、インディバの熱源は体内で発生するもので、その熱を「ジュール熱」と呼びます。「ジュール熱」は細胞の分子を移動させて生じる摩擦熱です。体内で高周波の刺激を受けた筋肉や、骨の組織細胞が大忙しの状態で摩擦熱を発生させ、体温が3~5℃、局所的に7℃まで上昇させる事が可能です。この熱こそが「インディバ」のパワーの源です。

体を温めると病気に対して抵抗力が向上するほか、内蔵機能が高まり、血行やリンパの流れが良くなります。インディバを施術すると、代謝が大幅に促進しますので健康になりながら、セルライトの除去やスリミング、 むくみ等の悩みに、効果が期待出来ます。
体の中からジワーっと温まり、ただ横になって寝ているだけなのに、運動をした後のような爽快感があります。施術後も体のホカホカ感はしばらく継続いたします。
いつも以上に寝つきが良くなるというのも納得です。

深部加温・・・

高周波のエネルギーが細胞の一つ一つの抵抗と分子の移動によって起こる摩擦熱(ジュール熱)によるもので、インディバの熱源は体内で発生するものです。

体外熱源(温泉・サウナ等)と体内熱源(インディバによる深部加温)の違いは、温まりの継続時間です。
2時間後、3時間後まで熱の広がりが確認でき、その間、代謝時間が長いことが確認できます。
上半身のサーモグラフィーからも確認できるように、施術部位以外にも熱の広がりが期待できるのがRES(深部加温)の特徴です。
塗るメソセラピー